それぞれの特徴とは

コピー機をリース契約した場合、初期費用はほとんどかかりません。また、リース代は経費として処理できる為、財務面の処理が簡略化されます。加えて、コピー機を導入するにあたり、本来自社でするべき諸手続きを、全てリース会社がしてくれますので、事務的にも負担が軽減されます。しかしながら、月々に支払う代金には、手数料や保険料、金利、保守サービス代等、いろいろな代金が上乗せされますので、契約期間中払い続けた場合の総額が、購入よりも高くなります。

そして、その契約は、基本的に途中解約ができません。リース契約とは、リース会社からお金を借りるという取引になりますので、当初の取引額全額を返済していくという考え方で捉えると分かりやすいでしょう。

コピー機を購入して導入するのであれば、初期費用はどうしても高額になってしまいます。ただし、長期的トータルコストで考えると割安であり、コピー機の所有権は自社にある為、資産として計上できます。また、自由に管理ができますので、買い取りや買い替えをしたくなった場合には、好きな時に行うことができます。新品購入をした場合、品質は良いものになりますので、保守サービスはそれほど必要がなく、安くおさえることもメリットになります。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket