購入とリースの違い

コピー機を購入する場合、まず初期費用が最も高い導入方法になります。ただし、新品ですので高品質で、購入後に必要になる経費は消耗品代とランニングコストのみ、しかもメンテナンスがあまりかからない為、安心して使うことができます。安く購入したい場合には、中古品を購入するという方法もあります。こちらも新品同様の商品が出回っている可能性もありますので、新品購入は厳しいという方には大変お勧めの導入方法です。

また、コピー機の導入方法として、「リース契約」という言葉を耳にしたことがある方は多いと思います。しかしながら、実際それがどういう契約か、どのようなメリットがあるのかは、ほとんどの方がご存知ではないように思います。リース契約とは、コピー機のメーカーとの間に入って仲介役をしてくれるリース会社との契約によって、コピー機を導入する方法になります。つまり、事業主の方の代理としてリース会社がメーカーから商品を購入し、リース会社から「借りる」形で、毎月リース代を支払う形態です。この場合、会社の大きなメリットは初期費用をほとんど考える必要がない点にあります。それだけを聞くと全ての会社がリース契約を利用すればいいと思ってしまいますが、やはりデメリットもあります。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket