コピー機導入について

コピー機はオフィスにはなくてはならない存在です。コピーはもちろん、FAXやスキャナ、データ送信、データ保存の他にも、便利な機能がついており、仕事の効率を上げてくれます。そんなコピー機の導入について、どのような方法で導入するべきかお悩みの方も多くおられることでしょう。コピー機の選択をコピー機等のオフィス機器導入方法について、メリットやデメリットを考えながら、オフィスの業務に最も適した方法は何か、判断できるようにしておきましょう。

コピー機の導入方法は、通常、リース契約をする方法、新品・中古品の購入(買い取り)、またはレンタルをする方法が用いられます。初期費用をほとんどかけたくないという場合には、リース契約をする導入方法を利用することが多く、契約した期間中、毎月一定額を支払い続けることになります。または、自社の持ち物にしたい場合には、購入して導入することになり、こちらは初期費用はかかりますが、後にかかってくる費用はランニングコストのみを考えることになります。

それぞれ、会社にとってメリットとデメリットがありますので、会社によって適した方法は異なってきます。自分の会社にとって、どの方法が良いのかは、ご自身できちんと判断しなければいけません。その為にも、リース契約や購入をすることのメリットとは、リースと購入の大きな違いとは何か、しっかりと理解しておきましょう。

推奨リンク<OAランド
└コピー機のリース・購入・レンタルを行っている業者のサイトです。

 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket